バナー

タイムレコーダーがお勧めできる使い方

タイムレコーダーはその時間を記録することが可能な機械です。

ボタンなりIDカードを通すことによって、その時の時間が記録されます。

これは多くの場合、勤怠管理に使われることになっています。


出社と退社、或いは早退などの記録をする為です。

昔ながらの紙の打刻式のタイムカードもよいですが、今はIDカードを発行して、それで管理するのがよいです。



ここで大きな特徴となるのが、デジタルデータになる、という点です。

ビジネスジャーナルの情報を公開しているサイトです。

これならば、管理する側も物凄く手間を省くことができます。

タイムレコーダーを導入する理由は、事務の手間を少しでも省く為です。それができるからこそ、多くの企業が取り入れているわけですが、最近ではネットワークを活用したタイプもあります。それがクラウドであり、要するにインターネットにアクセスして、勤怠申告ができるようになっているソフトやシステムです。

出先からの申告もできますし、また、社内であろうとも自社のITリソースを使うことがないので、軽く利用できます。


セキュリティ的な問題もしっかりとクリアされていますから、基本的にはかなりお勧め出来る勤怠管理のやり方といえます。
タイムレコーダーで管理されていることを労働者側にあまり意識させないのが基本です。

管理されていることがストレスとなり得るからです。

あくまで流れ作業のように勤怠申告ができるようなタイムレコーダーにするのが、経営者として考えておくべき点になります。