Skip to content

転職時に使う履歴書の顔写真

転職する際、履歴書に顔写真を添付する必要がありますが、この顔写真は応募する人の印象を左右する大事なものです。

よく、駅の構内に、スピード写真の機械が置いてありますが、あの機械で取るより写真屋さんにいって、ちゃんと撮ってもらったほうが綺麗にとれます。転職する際の履歴書の顔写真は、スーツ着用で撮影されたものを貼り付けるのが一般的です。

女性の場合でも、白シャツにスーツ着用が好ましいでしょう。学生時代のアルバイトのノリで私服姿の顔写真を貼るのは、一般常識がないとみなされます。夏のクールビズの時期でも、この写真撮影時には、きちんとネクタイをはめて、スーツ着用で行いましょう。

男性の場合、ヒゲをきちんとそって、髪を整えて撮影しましょう。ついうっかりヒゲが生えたまま撮影すると、その時だけはやしていたとしても、面接官からは常識のない人だと思われてしまいます。また転職時には、この写真が何枚も必要になる場合があります。

写真屋さんで一度撮ってもらえば、そのネガがありますので、何回もそれを焼き増ししてもらえるので、いちいち写真を撮るためにスーツを着て身なりを整えてスピード写真の機械に行かなくてもよくなります。

しかも最近では、写真を美肌加工してくれるところもあり、顔の表情を明るく爽やかに見せるようにしてくれる写真屋さんもいます。そういった小さなところですが、こだわって他の人より面接官に好印象を与えられる努力をしましょう。

マイナビエージェントについてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です