Skip to content

転職する時期を税金の面から考える

どの時期に転職するかは、税金の課税時期によって選ぶ必要があります。

税金の課税時期は、ある程度決まっているので、それを元に、転職時期を検討したほうが税金対策になります。まず、市県民税ですが、これは前年度の収入に応じて算出されるものですので、退職して収入がない状態の人にも課税されます。

企業に勤めている間は給料から天引きされる企業もありますが、退職した場合、自身の住民票がある市町村から支払いの案内がきます。市県民税の支払いは、毎年6月、8月、10月、翌年1月の4回に分かれて請求されます。

つまり、毎年2月~5月末までは、市県民税の支払いはこないことになるので、この時期に転職をすれば、生活費の中から高額な市県民税を払わなくてよいことになります。しかし、5月には、自動車を保有している人は自動車税があります。

これはその年の4月1日時点で車を保有している人に課税されますので、転職して廃車を予定している人は、3月31日までにその手続きを終えている必要があります。その他にも、自分名義の家を所有している人には、固定資産税というものが課税されます。

これは、収入に関係なく、その家の資産評価額で決定され、毎年1月1日時点でその家の保有者に課せられ、4月、7月、12月、2月中が支払いとなっています。このように転職する際には、このような税金による支出が発生することを念頭に、どの時期がいいかを検討して行う必要があるでしょう。

マイナビエージェントについてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です