Skip to content

転職するなら外資系企業

グローバル化時代の今日では、外資系企業へ転職したい人も数多くいることでしょう。

世界的な企業が日本へも多数進出し、国際人として活躍したいと思っている人も、方々にいることでしょう。けれども、なかなか自分に合った求人に巡り会わない人も多いかもしれません。そこで、外資系企業向けのエージェントを利用することが重要になります。エージェントとは、人材紹介企業であり、求人の仲立ちをしている企業です。

外資系企業専門のところがあり、エージェントもまた外資系のところもあります。東京のある地域では、多数の外国出身者を見かけるため、ここが日本なのか、と間違ってしまうこともあるかもしれません。それだけ、日本で働いている外国人が多いことと同時、外資系企業などへ転職できるチャンスもあるということです。

餅は餅屋と言われるように、外資系エージェントを活用することが、成功への鍵となるでしょう。しかし、外資系エージェントでは、英語でコミュニケーションが図られます。中には、日本人も働いているため、日本語でコミュニケーションが行われることもありますが、基本的には、英語となることを重々理解しておくべきでしょう。

また、外資系企業では、履歴書と職務経歴書が一緒になったレジュメを利用します。英語で作成することになり、当然、それなりの英語力が必要となります。けれども、日系エージェント経由で外資系企業へ転職することもできます。

その場合、少なくとも、エージェントとの間では、日本語がコミュニケーション言語となります。外資系企業への転職には、英語力が大事ですが、時にあまり問われない場合があることも、しっかり理解しておくべきでしょう。

マイナビエージェントについてならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です